ビクターハーバー関連情報|AAOトラベル
ホーム > アデレード > ビクターハーバー

見目好いアデレード市民の避暑地|ビクターハーバー

アデレード中心部から南へ車を走らせること約1時間(80km)。
アデレード市民が年末年始の避暑地として選ぶフルリオ半島最大の町「ビクターハーバー」に到着します。
ビーチの近くにはお洒落なビーチハウスが並んでいて車窓から見られる住宅街の風景も満点。
ですから市内からビクターハーバーまで自分でドライブをすることも◎
南オーストラリア州の景観を目に焼き付けるいい機会になりそうです。


フルリオ半島での行楽には5月〜10月のクジラウォッチングがあります。
オーストラリア政府観光局によると、ビクターハーバーのエンカウンターベイにある崖から臨むクジラウォッチングは最高のバンテージポイントなのだとか。
繁殖期で北上するクジラの集団をいち早くビクターハーバーでキャッチしましょう。
ちなみにNSW州、QLD州などになるとクジラウォッチング期間が6月〜11月と少々遅れます。
ゴールデンウイーク旅行(5月)であればビクターハーバーでクジラたちと出逢えるチャンスがより一層高まります。


近年この地域のツーリズムを盛り上げようと、州政府肝いりでビクターハーバー沖合に水族館を開設しようという動きが加速化しています。
今後この地域への投資が進めばツーリズムがより活性化することでしょう。
既存の動物保護区やアドベンチャーパーク、マリンパークなどと合わせてエコツーリズムが盛んになる傾向に今後期待のかかる観光地域です。

夕方からフェアリーペンギンを観察しにグラナイト島へ

ビクターハーバーかr沖合600mに位置する半島随一の観光スポット、グラナイト島。
島の見どころは何といってもよちよちと歩くフェアリーペンギンの群れ。
州政府からの支援を受けながらすっかり数の減ってしまったこの地域のフェアリーペンギンを保護する試みがされています。
グラナイト島のペンギンセンターではツアーに参加しながら可愛らしいこの動物の生態について詳しく学ぶことができます。
家族でグラナイト島のワイルドライフを楽しんでみてはいかがでしょう。


グラナイト島とフルリオ半島との間には長い桟橋がかけられています。
日が暮れてからビクターハーバー沿いの住宅に点された明かりを振り返りながらこの桟橋を歩くことには何とも言えぬ趣があります。
馬が引くトラムに乗車して半島と島間を移動することも可能。
オージー色「緑&黄」のトラムの車体はレトロで大変粋です。

この地域一帯は地中海性気候ですので日が暮れると夏季でも一気に冷えます。夕方からグラナイト島を散歩される場合は羽織物をどうかお忘れなく。

南オーストラリア州都アデレード市内から約80km地点にある地元民人気の高い避暑地。 アデレード中心部を朝出発し、ワインの生産地として有名なマクラーレンベールと今回ご紹介したビクターハーバーをまとめて観光できるツアーを当社ではご案内しています。
ビクターハーバー到着後は自由行動のために時間をさいていますので自分のペースで観光を楽しめることがうれしいですね。
詳しくはツアー詳細ページをご参照ください。
執筆者:東 菜緒
アデレードのツアー一覧をチェック!
ページトップへ

アデレード発着のオプショナルツアー・旅行情報はAAOトラベルへ