ホーム > ダーウィン > ダーウィンシティ

大陸北端部に眠る大自然を体験|ダーウィンシティ

ノーザンテリトリーの北端部に位地する多国籍都市ダーウィン。
街の中心街にはバックパッカーが軒を連ね、日中は猛暑が続くこともあるので滅多に歩行者を見かけません。
夕方になると若者がうようよ湧き出てくるかのように近くのパブやクラブへと繰り出し、町に活気が取り戻されます。
水辺のレストランで優雅に食事を取る人々の様子も伺えます。
これこそが、ダーウィンライフ。

待ち合わせは緑地公園「ビクトリアスクエア」にて

ビクトリアスクエアの場所さえ押さえておけばアデレード旅行がものすごく楽に。 ここは市内の中心に位置する緑地公園で、中央の噴水「スリーリバー・ファウンテン」(アデレード市内の水源となる3つの川をモチーフにしている)は常に観光客や地元民の待ち合わせ場所として賑わっています。
近年修繕作業が進んだビクトリアスクエアはアデレード市民の憩いの場として現在さらに美しく生まれ変わっています。 こちらから路面電車「トラム」に乗車して海辺の町グレネルグまで行ってみましょう。

ノーザンテリトリーの多国籍都市

ここは北半球に一番近いオーストラリアの都市ということで、大陸縦断の旅の出発点として知られています。
そのため安価な宿泊施設や泊まり込みの仕事を目当てに世界中から人々が集まります。
そして何といってもウルルやカカドゥ国立公園など世界的にもオーストラリアを象徴する数々の名所を有するノーザンテリトリー。
大自然を巡るツアーの拠点となっています。
そんな多国籍都市ダーウィンを特徴づける点をおさえましょう。

ダーウィンは人口約11万人という小さな町。
熱帯性気候に属しているので、例年モンスーンなど嵐の心配もされる「雨季」と晴天が続く「乾季」と二つの季節に分けられています。
天気が不安定な11月〜4月の間は場合によって旅行が制限されるほどで、実際に閉鎖される事例も見られていますのでご注意を。
そのようなことからダーウィンへの旅はなるべく乾季を狙ってみるのが得策かもしれません。

実は日本と密接な歴史的つながりのあるダーウィンの町。
市内のいたる箇所には平和を象徴するモニュメントが建てられたり、遺跡が残されています。
これは太平洋戦争中の1942年に日本軍の空爆を受けたことから由来するものです。
いまでこそ開発が進んだダーウィンのウォーターフロントですが、当時はダーウィンハーバーをはじめに300以上の爆弾が投下されました。
ハリウッド映画にも取り上げられた歴史、みなさんはご存知でしたでしょうか。
モニュメントひとつひとつにも注目して街中を散策してみてくださいね。

海辺のマーケットは市民の憩いの場|ミンディルナイトマーケット

筆者は夕陽を眺めながら屋台で購入したクロコバーガーをむしゃむしゃ。
ダーウィン近辺の海にはクロコダイル(ワニ)が頻繁にでるということから入水禁止の箇所が大半になります。
「ならばせめて食せねば、」という興味本位でミンディルナイトマーケットで食べてみました。
鶏肉と似た口当たりでしたが、最高のロケーションでこんなグルメを楽しめたので一石二鳥。
おすすめのお出かけスポットです。

ミンディルビーチでは夕方から日の入りにかけてトロピカルな涼しい風が漂います。
そして砂浜に腰掛けながらエスニック料理を楽しめます。
サンセットが近づくにつれ、砂浜には溢れ返るほどの人が集まりますので、早めに場所の確保をしてみましょう。

ミンディルナイトマーケットは5月〜11月(乾季)の毎週火曜日に開催されます。
ダーウィン中心部からバス一本で簡単にアクセス可能です。

滝壺ダイブで最高の思い出づくり!|リッチフィールド国立公園

早朝、ダーウィンを出発したミニバスは2時間半南方向に進むと、荒々しいオーストラリアの大地が次第に姿を見せ始めます。
そこにあるのは地元民、観光客ともに人気の高いリッチフィールド国立公園。
特に見どころといわれる、清流が生み出した神秘的な滝壺には平日にも限らず多くの訪問者が見られました。
ひやりとした滝壺下の水は透き通っていて、口に含んでも美味しく飲めてしまいそうなほどきれいでした。
それぞれの観光箇所はトイレや手すりなど最低限の整備がされているので初めてでも安心感があります。
わざわざ日本から赤道を越えてオーストラリアへ来るのならば、是非とも見逃したくないエリアです。
熱帯地域でしか見られないオーストラリアの大地。大自然へ旅を進める拠点として人気を集めるダーウィンであなたはどんな旅行をされますか。
当社では皆さまに素晴らしいオーストラリアの姿を目撃していただきたいので、ダーウィン発のツアーを豊富にご用意しています。
詳細はツアーページをご覧ください。
執筆者:東 菜緒
ダーウィンのツアー一覧をチェック!
ページトップへ

ダーウィン発着のオプショナルツアー・旅行情報はAAOトラベルへ